カーテンの選び方
カーテンの選び方がわからない、という方のために、具体例をあげてご説明します。
 
生地を選ぶ

《 生地を選ぶ:タイプを決める 》
お部屋の用途や目的に合ったタイプの生地を選びましょう

カーテン生地は、厚手タイプ(ドレープ)と薄手タイプ(レース) 大きく2つに分かれます。
生地の透け感や遮光性、断熱性能など何を重視するかを考えて、選んでください。
寝室でぐっすり
眠れるようにしたい
厚手タイプ:植物染めの濃い色の生地
ざくろ(BN-17) かきしぶ2(BN-21)
等がおすすめ
(暗幕調の遮光生地はありません)
北側にある窓で、
寒さ対策に役立てたい
厚手タイプ:最も厚手な生地
ゆめみ(DN-03)がおすすめ
贅沢な厚みと、空気を含む
柔らかさがある生地です
外からの視線をさえぎりながら
光は通したい
薄手タイプ:程よい透け感のある生地
CRシリーズの生地がおすすめ
昼間は外から室内が見えず
やさしい透け感です

《 生地を選ぶ:色を決める 》
床や壁、家具の色とのバランスを考えながら、好みの色を選びましょう

色は綿花の色である白綿と茶綿、4種類の草木染めがあります。
どの色も、お部屋になじみやすい自然な色合いばかりです。
カーテンを閉めた時に壁(白系)と馴染むような色にしたい。
お部屋を明るくすっきりとした印象にしたい。
► きなり色の生地がおすすめ。
木製の床や扉と同系色で、統一感をもたせたい。
お部屋を落ち着いたナチュラルな雰囲気にしたい。
► 茶綿色の生地がおすすめ。
無地ではなく、アクセントとなるような柄にしたい。
► ストライプの生地がおすすめ。
自然な色をお部屋のポイントカラーにしたい。
► 草木染めの生地がおすすめ。
 
カーテンスタイルを選ぶ

《 4つのスタイルから選ぶ 》
カーテンに求める雰囲気や機能性等により、スタイルを決めます。

上部にヒダ山をひとつ作りドレープを出す一般的なスタイル
【価格例】37,300円(税込)
生地をクリップ留めしてレールに掛けるシンプルなスタイル
【価格例】30,195円(税込)
生地にタイタックピンをつけバーに通すシンプルなスタイル
【価格例】35,255円(税込)
生地が上下に開閉するシェードスタイル※要お問い合わせ 【価格例】65,200円(税込)
カーテンに求める雰囲気や機能性、
予算などを考慮の上、どのスタイルがよいか決めましょう



厚手生地と薄手生地で、2種類のスタイルを組み合わせることも可能です。
自然栽培綿カーテンの生地一覧とスタイル別のオーダー価格はこちらでご覧いただけます。
他のスタイルや、布のみの販売にも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 
カーテンタッセルを選ぶ

カーテンタッセルは、使い勝手を考慮し、
必要かどうかを決めて選んで下さい。

カーテンタッセル(カーテン留め)とは、カーテンをまとめるために使う紐のこと。
タッセル金具は「ふさかけ」とも言い、タッセルを使わない時にかけておく金具です。
機能面だけでなく、装飾的な目的でタッセルを取り付けるケースもございます。
たとぱにでは、オリジナルデザインのタッセルなど、バリエーションをご用意しております。

A.
自然栽培綿の糸を編んだもの
(きなり、茶色)

B.
麻糸を編んだもの
(きなり、ベージュ)

C.
カーテンの共布で縫製したもの

D.
自然素材を使った装飾的なもの
A,B はタッセル金具が不要で、部品(別売)で
カーテン本体に取り付けてお使いいただけます。
詳しくはこちらでご紹介しています。
自然栽培綿のカーテン


羊毛の手織りラグ

植物からできた紙
その他の商品
ワークショップ